銀行ローンはカードローンとは異なる点に注意

銀行ローンは、低金利で融資が受けられるので、同じ銀行が行っているカードローンよりも魅力的に映ることがあります。しかし、特性を理解してから申し込みを行わなければ、失敗したと感じてしまうことに注意が必要です。

銀行ローンの特徴として、証書貸付という方式が採用されていることが多い点があります。カードローンでは、発行された専用ローンカードにより利用限度額の範囲内で何度でも追加借入と返済が可能です。原則として資金用途自由で使える代わりに、金利設定が高めとなっているわけです。

銀行ローンでは、予め利用目的を指定したものほど低金利に設定されており、借入希望金額に対して一括で貸付を行います。証書貸付という形を採用することで、原則として証書に記載されている通りの返済を続けることになり、最初から返済回数と返済額が決まっているメリットがあります。

借入金の使い道が予め決まっている場合には、一定金額を一括借入して目的を達成出来る点が優れています。低金利で借入が出来ることで、無理なく返済が可能となり、多重債務に陥る心配が少なくなるでしょう。銀行で行っているカードローンとは、利用目的そのものが最初から異なる点に注意して、必要な金額のみ審査を受けることが大切です。