総量規制の対象になっているところ、対象外のところ

もしあなたの手元に資金がなくなってしまったとき、どのようにしてお金を調達しますか。親や知人にお金を借りますか?それはあとで問題になりそうなのでできれば避けたいですよね。お金が足りなくなったときにどうするか、これは永遠のテーマだと思います。

おそらく銀行のカードローンや消費者金融を利用することでお金を用意するのではないでしょうか。今は銀行のカードローンも消費者金融もたくさんあるので、いかに利用者に選んでもらえるかを考えてサービスも充実しています。融資を申し込んで、審査完了後に即日融資が可能な商品も増えています。とても便利ですよね。

消費者金融は貸金業法に基いて運営されているので総量規制の対象になっています。総量規制とは年収の3分の1以上の借り入れが規制されているものです。例えばあなたの年収が300万円の場合は100万円以上の借り入れはできないということです。100万円以上借り入れをしたい場合は困ってしまいますよね。しかし銀行は銀行法に基いて運営されているので総量規制対象外になっています。もしあなたが年収の3分の1以上の借り入れを希望している場合には消費者金融ではなく銀行のカードローンに申し込みをしましょう。